忍者ブログ

fahoeruoiae

我慢を強いられる結婚生活

我慢を強いられる結婚生活

夫婦の間がギクシャク。その原因が、性に関するストレスのことがある。「女性は性に関する意思表示をしない傾向にあります。そのため、男性は女性を理解できず、結果的に自分本位の性行為になっていることが考えられる。その場合に、シアリス 通販女性はストレスを感じることはあるでしょう」と、東邦大学医学部泌尿器科学講座の永尾光一准教授は指摘する。先頃、永尾教授が実施した「女性5665人の性生活調査」では、「性生活を今より充実させたい女性」が68・9%に上った。性交痛の有無では、「ときどき痛みを感じる」と答えた人は49・4%。「半分ぐらい痛みを感じる」(10・6%)、「ほとんど痛みを感じる」(5・9%)と合わせれば、65%以上の女性が何らかの痛みを感じていることになる。「以前に行ったカップルの調査では、男性と女性では、前戯や後戯の時間に差が生じていました。女性はもっと長くしてもらいたいと思う反面、男性は短時間。このように差が生じたままでは、結婚生活においてずっと我慢を強いられることになるのです」先の調査で、性生活でパートナーとの関係に対する質問(複数回答)では、「よりコミュニケーションが深まる」(67%)、「より愛が深まる」(62・9%)、「より幸せが得られる」(49・5%)と女性は考えている。つまり、女性にとっても性生活の充実は欠かせない。「女性は、男性にもっと自分の希望をいうべきです。ただ、性行為中にあまりいうと、男性の自尊心を傷つけ、 ED(勃起障害)にもつながりかねません。威哥王性行為後に、やんわりといってみてください」男女共に満足の性行為は、より幸福感が得られるなど生活の質の向上につながる。だが、世界の「1年間のセックス頻度」(2005年グローバルSEXサーベイ)の調査では、日本は45回で最下位(世界平均103回)。無理に行おうとすれば、男女共にストレスになりかねない。が、年明けの今、パートナーとの性生活を一度見直してみてはいかがだろうか
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R